DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

提案力

ビジネスシーンにおける「提案力」とは、相手に価値のある考えや解決策を提示し、納得を得て実行に移してもらう能力です。顧客への提案はもちろん、社内での企画提案や問題解決など、様々な場面で必要とされる重要なスキルです。

 

提案力を分解すると?】

提案力を構成する要素には、次のようなものが考えられます。

 

論理的思考力

提案を論理的に説明する能力は、相手に理解してもらうために不可欠です。問題の本質を見抜き、原因と結果を明確にすることで、説得力のある提案を構築することができます。

 

コミュニケーション能力

相手に合わせた分かりやすい説明、相手の意見を聞き取る力、双方向のコミュニケーションは、提案を成功させるために、必要不可欠です。

 

ほかにも、顧客や市場のニーズを正確に把握し、潜在的な課題を見つける洞察力、既存の枠にとらわれない独創的なアイデアを生み出す創造力は、競争を勝ち抜くための差別化ポイントとなります。

 

提案力を高める方法は?】

様々な場面で提案を行うことで、経験を積み、スキルを磨くことができます。また、上司や同僚とロールプレイングを行いフィードバックをもらうことで、自身の提案を客観的に評価し、改善することができます。提案力を題材とした研修を受けることで、体系的にスキルを学ぶことができます。

 

提案力に関する企業の施策・事例】

社員の提案力をあげるための、企業の施策にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

提案力向上研修

ある企業では、営業担当者向けに提案力向上研修を実施しています。この研修では、以下のような内容が取り上げられています。

・問題の本質を見抜き、原因と結果を明確にするためのフレームワーク

・相手に合わせた分かりやすい説明、相手の意見を聞き取るためのテクニック

・顧客や市場のニーズを正確に把握するための調査方法

・独創的なアイデアを生み出すためのブレインストーミング

 

最適な提案のための取り組み

また、ある企業では顧客のニーズを徹底的に分析し、最適な提案を行うことで、顧客満足度向上を実現しています。具体的には、以下のような取り組みを行っています。

・顧客との事前ヒアリング

・顧客の状況やニーズに合わせた複数案を提示

・提案後のフォローアップ

 

提案力の向上と大喜利ワークショップとの関連】

お題にボケる言葉あそび=大喜利のワークショップを用いて学ぶことで、提案力を向上させることができます。

例えば、大喜利では、短時間で与えられたテーマに対して即興でユーモラスな回答を考える必要があります。これにより、柔軟な発想力を養うことができます。


ほかには、大喜利では、リスクを取ることが求められますが、失敗や拒否される可能性があるため、勇気が必要です。リスクを恐れずに挑戦することを通して、提案をする際のリスクへの恐れを軽減することができます。

また、大喜利でユーモアの感覚を磨くことで、相手に親しみや共感を与えることができるようになり、提案をより魅力的にすることができます。

提案力は、ビジネスで成功するために必要不可欠なスキルです。論理的思考力、コミュニケーション能力、洞察力、創造力などを磨き、経験を積むことで、提案力を高めることができます。

 

▼Youtubeボイスマガジン

時間いっぱいボケを考え続けてほしいと山本が願う理由/大喜利メソッドとしての「提案」と「探求」の話

https://youtu.be/c8cD0Dg0Ugc?si=Njp8mXBa-78gVoDX